不妊症 検査

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

不妊症の検査(女性)はどういうことをするの?

読了までの目安時間:約 4分
卵管造影

今回は不妊症の検査(女性側)について書きたいと思います。

 

 

女性側の検査は一般的な検査と、一般的な検査で疾患が疑われる場合等に受ける特殊な検査があります。
一般的な検査は、病院を受診するとほとんどの方が受ける検査となります。

 

 

一般的な検査
①内診・経腟超音波検査

まず、婦人科を受診した際に最初に行います。
子宮・卵巣のあたりを押して、痛いところがあるかどうかを医師が見る(触診)とともに
直径2センチくらいの超音波プローブを腟から挿入して、子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣のう腫などの異常がないかを確認します。
内診台に乗って行うので、最初はちょっとビックリしますね。
股をガバっと開くことになるので・・・

②子宮卵管造影検査
エックス線による透視をしながら子宮口から造影剤を注入し、卵管が閉塞していないか、子宮の形はどうかを見る検査です。

こちらは診察室ではなく、エックス線造影室で行います。
子宮口から造影剤を入れるということで、少し痛みを伴います。
痛みの感じ方は人それぞれですが、脂汗をかいたり気分が悪くなる方もいます。

卵管が閉塞気味の方は痛みが大きいといわれますが、この検査によって卵管が通るようになり
妊娠することもあるので、そういう意味でもとても大切な検査です。

 

⇒私の体験談はコチラ


③血液検査
血液を採取して、ホルモン検査や糖尿病など全身疾患に関係する検査まで行います。
ホルモン検査では、女性・男性ホルモンや卵胞刺激ホルモン、黄体ホルモン、プロラクチン、甲状腺ホルモンの検査を行います。
その人の月経周期によって値が変化するので、月経期・黄体期に分けてそれぞれ検査をしていくのが一般的です。

看護師2

 

特殊な検査
①腹腔鏡検査

腹腔鏡検査は臍部(おへその下辺り)に5mm~10mmぐらいの小さな穴をあけて
内視鏡を挿入しておなかの中を直接観察する検査です。
これにより、子宮や卵巣をはじめとする骨盤内の状態が確認できます。
全身麻酔で手術室で行うことになります。
子宮内膜症や卵管周囲の癒着など、これまでの検査で分からなかった不妊原因がわかることが多いので
原因のわからない機能性不妊の方にとってはメリットのある検査といえます。

 

②子宮鏡検査

超音波検査/卵管造影検査などで、子宮内部の筋腫やポリープが疑われる場合、原因不明不妊の場合などに行う検査です。子宮内部に細いカメラを入れて内部を直接観察します。
胃カメラを想像するといいかもしれません。
痛みを伴わないので麻酔は行わず、15分程度で終わります。
出血が多い場合や排卵後などは子宮内が見えないので、月経終了直後がベストの検査時期です。

 

 

不妊症かもしれない、と病院を受診する際には、自分がどういう検査を受けていくのかということを

あらかじめ予習しておくといいかと思います。

 

 

タグ : 

不妊って何?

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る