不妊治療 漢方

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

不妊治療に漢方を取り入れてみる

読了までの目安時間:約 4分
漢方

不妊治療の過程で漢方ってどうなのかな?と思う方は多いと思います。

 

 

私も病院での不妊治療をお休みしていた期間に漢方薬を服用していたことがあります。病院での治療や検査結果、医師たちの言動にとても傷ついていた時でしたね。

 

 

だから余計に妊娠したいという気持ちとか焦りがとても大きくて
毎日ネットでいろいろな情報を集めていました。

 

 

そんな中で「漢方」というキーワードが私の目を引いたのです。

 

 

「病院での不妊治療をやめて漢方薬を飲むようになったら妊娠しました!」

「漢方のおかげで冷えを改善して妊娠できました!」

 

 

などという情報を読みあさっていました。

 

東洋医学と西洋医学の違いに着目してみる

 

そして、いろいろな情報から自分なりに漢方というものを考えてみると・・・

 

 

漢方って、本来の自分の健康状態を取り戻して、妊娠しやすい体作りをしていくもの
なんだな~ということを感じました。
自分の体のリズムというか、そういうことを大切にしているのかなと思います。

 

 

反対に、病院で行われている西洋医学に基づいた不妊治療って
例えば、ホルモン剤の投与などで排卵を起こさせたり、多量に排卵させたりしますよね。

 

私の場合には、ある周期では排卵誘発剤の影響で卵巣が腫れたということもありました。

 

これって、反自然的というか、自分の体を無理やりその状態にさせているんじゃないの?
なんて思ったりしました。

 

 

漢方医学と西洋医学って、どちらがいいとか悪いとかということではなく
もともとの発想というか、性質が違うんじゃないかって思うんですね。

天秤

 

例えば、排卵に問題があるという人に対して

西洋医学であれば、まず排卵させようと試みます。

 

 

漢方治療の場合には、その人の東洋医学的な体の性質というのを判断し

全身の状態を改善していこうとします。

 

 

そういうところでの違いなのかなと思っています。

 

 

私は、より自然に自分の状態を整えていく漢方治療の方がいいなあって思ったので
その時は漢方を選択をしました。

 
ただ、後々には漢方も服用しながら体外受精、顕微授精もしています。
そして、顕微授精で長女をさずかりました。
(男性不妊の問題もあったり、自分の年齢的なこともあったので・・・)

 
だから、病院での治療が決して悪いとは思っていません。

 

 

その時の自分たちの状況によって

漢方や西洋医学的治療をどう使っていくか、というのを考えていけばいいのだと思います。

 
病院での人工的な不妊治療でなかなか思うような結果がでないという方は
より自然な「漢方」治療に切り替えてみるのも一つの手だと思います。

 

 

 

タグ : 

漢方

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る