UMULIN 卵子の老化

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

梅抽出物UMULINで卵子の老化を防ぐ

読了までの目安時間:約 5分
梅の実

和歌山県の産婦人科医院がとても興味深い研究結果を発表しました。

 

 

体外受精を複数回行っても妊娠しなかった方たちが
梅の抽出物を飲んだら妊娠したというもの。

 

 

少し前にNHKのニュースでもやっていました。
その時はちょとしか見られなかったので見逃した部分も多かったのですね。

後日、ネットニュースでも配信されていたので詳しく知ることができました。

 

 

梅の抽出物が卵子の老化を緩やかにさせる作用があるのではないか

ということなのですが

 

梅の抽出物っていったい何だろう~?

それって、一般にも発売されているものなのかな~?

 

っていうのがすごく気になったんですね。
そして、いろいろ調べてみたらありました。

 

 

梅の抽出物の正体は、「UMULIN(ウムリン)」

 

梅に含まれる卵子(顆粒膜細胞含む)に働きかける有効性分34DHBAやムメフラールなどを
高精度抽出加工したものです。

 

そして、このUMULINを配合するサプリメント飲料がありました!

 

 

最先端技術で梅から有効成分を抽出加工する株式会社紀州ほそ川が開発したもので
一般に発売されていましたよ~♪

 

 

名前は、「umu(ウム)」

 

UMULINとかumuとか、名前が独特ですね。
梅にちなんだ名前ということなんでしょうね~。

 

1パックに 6㏄入りのスティックが30本入っています。
目安としては、1日にスティック2本ということです。サイダー

 

 

スティックの中に入っているのは原液なので、
120CC程度の水や炭酸水に混ぜて飲むということですよ。

 

ウメ風味とジンジャー風味の2種類の味がありますね。

 

ジンジャー風味の方は、今話題の稀少糖入りですよ♪
炭酸水で割ると、ジンジャーエールの味になるんですって!!
なんだかおいしそうですね~。

 

豆乳と混ぜてもいいし、ヨーグルトにそのまま混ぜて食べてもOKとありました。

 

 

梅抽出物UMULINが生まれた経緯は?


梅製品や梅干しの加工などを手掛ける株式会社紀州ほそ川では
1999年に、梅の有効成分をいかして家畜の肉質向上に取り組んでいました。

 

その過程で、特定の梅抽出物を与えた豚、鶏、鯛、鮪などの産卵率が向上することを発見!

 

 

さらに、産卵率の向上だけでなく

鶏卵などの卵の質そのものが大幅に良くなっていることもわかりました。
そして、この結果を人体にも応用できないかということで開発されたのがUMULINなのです。

 

2010年からは産婦人科医院と共に、臨床試験を重ねました。
2014年には、効果が医学的に認められ日本受精着床学会雑誌に掲載されたり
日本卵子学会で論文を発表したりしました。

 

卵子の老化に効果があるということなので

 

30代や40代の赤ちゃんを望む女性で、これまでに高度不妊治療を行っても
なかなか妊娠に至らないという方は試してみる価値があると思います。

 

 

タグ :  

気になるニュース

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る