不妊 血流改善

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

妊娠しやすい体作りには血流の改善が最重要課題

読了までの目安時間:約 4分

妊娠しやすい体作りのためにはどうすればいいのかな?

 

これは妊活を始めようとしている女性が
みんな最初に思うことですよね。

 

 

さあ、明るく妊活スタート!!

 

 

いざ始めようとしても

いったい何から実践したらいいの?

 

そんなふうに思うかもしれません。

私が実際にそうでしたから。

 

 

10年にわたる不妊期間の中で、いろんな本を読みまくりました。

さまざまな情報を得て、できそうなものを実践してきました。

 

そして今、10年を振り返ってみてこう思います。

 

 

妊娠しやすい体にするための最重要課題は

 

 

「血流」の改善 

 

 

に他ならないと。

 

 

 

日本受精着床学会雑誌第16巻で発表された

「子宮内膜組織血流量による子宮内膜着床能力の評価」や

「杏林大学医学部産婦人科学教室」の研究発表によると・・・

 

 

妊娠例の約80%の胎嚢は血流量の最も多い子宮底部に着床している。

体外受精の場合は、移植胚が血流量の多い部位を選んで着床する傾向にあり、血流量の多い部位に着床した胚のみが胎嚢まで発育できた。

 

とあります。

 

これを逆にいうと

 

 

血流が悪いと、受精卵がしっかり育たず、妊娠に至らない

 

 

ということになります。

 

 

私は最初の病院で先生から

子宮発育不全だとか子宮内膜が薄いということを言われました。

 

ただ、そのことを告げられただけで、なぜそうなのかということまでは説明してもらえませんでした。

 

それで自分で必死になって調べた結果

 

 

栄養やホルモンを子宮に運ぶための血流が悪いから子宮が発育不全となる

その結果、内膜も薄くなる

 

という結論にいきついたのです。

 

薬を飲んでも、注射をしてもあまり思わしくなかったのは

これらの成分を体中に運ぶ血流が悪かったからなんですね。

hirameki

 

それがわかったから

 

私の妊活は「血流を改善すること」に絞られました。

 

私が実際に行ったことはこんなことです♪

    • 運動をする(ウォーキングと軽い筋トレ)
    • 体を温めるもの・血流を促進するものを食べる
    • 足湯をする
    • 白湯を常飲する
    • ヨガ・ストレッチをする

 

いろいろ頑張っていたようにみえますけど

これらを日常生活にうまく取り入れると不思議と頑張ってる感は少ないんです。

 

まずは、いきなり全部を始めようとせずに、できそうなものから取り組んでいくのがいいのなって思います。

 

 

タグ :  

妊娠しやすい体作り

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る