妊活 瞑想

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

瞑想で何も考えない時間を作ってみる

読了までの目安時間:約 6分
睡蓮

「瞑想」したことありますか?

 

 

瞑想というと宗教的な感じを受けたり、とっても難しいことのように感じたりするかもしれませんね。

 

 

私自身もヨガを始めるまでは瞑想は自分とは縁遠いものだと思っていました。

 
でも、ヨガのインストラクター養成講座では瞑想が日課になっていたので
いやおうなしにやることに。

 
最初はなかなかコツもわからずに短い時間しかできませんでしたが
だんだんペースがつかめてきて、瞑想の時間は私にとってとても貴重な時間になりました。

 
自分のことを客観視できるようになったということが大きな成果かな~って思います。

 
心のコントロールといってしまうと少し大げさかもしれませんが

 
瞑想をするようになってから、なんとなく穏やかに過ごせるようになりました。

 

 
特に妊活中は、ささいなことでも落ち込むことが多かったので
瞑想することで、自分の心も体も開放することができ

 

 

いい意味でゆるーくなれたのかなって思いますね。

 

瞑想ってどうやって行うの?

ヨガ瞑想
まずは自分がリラックスできる時間や場所を選びましょう。

 

 

私の場合には朝はバタバタするので、夜寝る前に行っていました。
夫は夜勤があったり、帰りが遅かったりすることが多かったので
一人になる時間があり、好都合でした。

 

 

テレビやラジオは電源OFFにしておきます。

 


①あぐらの姿勢になります。
 お尻の肉を広げて尾骨を安定させてすわります。
 この時に猫背にならないように、背筋は伸ばしておきましょう。

 
②手の平を上にして腿の上に乗せ、軽く目を閉じます。

 
③ゆっくりと鼻から息を吸い、鼻から吐き出す呼吸を続けます。
 腹式呼吸で行います。
 (よくわからない場合には、おなかに手を置き、息を吸う時におなかを膨らませ
 吐き出すときにおなかがしぼむのを感じてみるといいですよ。)

 

 ※途中で雑念が出てきますが、無理に雑念を追い払おうとするのではなく
  自分の呼吸に意識を向けるようにします。

 

 

こんな感じで行います。

始めのうちはどうしても雑念に意識が集中してしまうんですよね。

 

 

例えば、

「あ、傘を会社に置いてきちゃった・・・」

とか

「明日の病院の予約時間って9時だったよな・・・」

 

 

とか、いろいろなことが次から次へと浮かんでくるんです(笑)。
でもそのたびに、それを無理に打ち消さずに、吸って、吐いて、という自分の呼吸に意識を向けていると
不思議にそれらは消えていきます。

 
私の場合、落ち込んでいるときにはなかなかうまく瞑想することがむずかしいこともありました。

 

 

例えば、治療の経過が思わしくない時とか、人から傷つく言葉を受けたときとか。

 

 

そんなときにはやっぱり瞑想しても、そのことを考えてしまってるんですよね。

 

 

でも、無理にそれを否定せずに

「今日の私はすごく悲しいんだな。」

 
なんていう感じで今の自分の内側を感じてあげることも大切です。
そうして、また呼吸に意識をむけていけばいいんです。

 

 

瞑想とはこうである、こうでなければならないaroma

なんて、ガチガチに固める必要はないんですよ。

 

 

もし、難しいなって思ったら、落ち着くような音楽をかけてもいいと思います。
私は最初のうちは、自然音(海とか川のせせらぎ、森の中の鳥の声など)のCDをかけたりしてました。

 
お気に入りのアロマを炊いたりするのもいいですよね。

 
自分でリラックスできて自分を解放できる空間を作ることができればいいのかな、って思います。

 
妊活中ってどうしても、自分を追い込んでしまったりしがちなので

心の中をぽかんと開ける何も考えない時間も必要なんじゃないかな。

 

最初は数分でもいいので、少しずつ続けていくと15分くらいはできるようになりますよ~。

瞑想、おススメです♪

 

 

 

タグ :  

妊娠しやすい体作り ヨガ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る