クラミジア 不妊

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

クラミジア感染症だと不妊になるの?

読了までの目安時間:約 6分
指

クラミジア感染症が不妊の原因になるというのは
以前にネットで見たことがあるので知ってはいました。

 

 

性病の一種であり、性病の中でも一番多くの感染者がいるという
ことはどこかで聞いたり見たりしていましたが

 

 

クラミジア感染症の症状や、不妊との詳しい関連性までは知らなかったので
この機会に調べてみることにしました。

 

クラミジアってどんな病気なの?

クラミジアトラコマティスという病原体により感染する性病です。

 

 

感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染します。
つまり、セックスで感染するということですね。

 

 

日本での感染者は100万人以上!!

 

 

特に10代後半から20代の感染者が増えています。

 

 

クラミジアの症状とは・・・

クラミジアの最大の特徴は症状があまり出ないことです。

出たとしてもとても軽いので見過ごされがちなんですね。

 

 

女性であれば、おりものが多くなる、おりもののニオイが強くなる、下腹部痛など。

男性なら、分泌物が少し増えるくらいです。

 

 

これらの症状ってすごく気になるほどではないので
私だったら見過ごしてしまいそうです。

 

 

データでいうと、女性の8割、男性の半数が無症状なんですね。

 

 

これなら感染していてもに気づかずに過ぎてしまいますよね。

 

クラミジアと不妊との関係は・・・

クラミジアそのものが原因というよりも
クラミジアに感染していても気づかずにいるために

クラミジア菌が子宮頸管から子宮内膜、卵管、お腹の中にまで広がってしまうんです。

 

 

そして、そこで癒着を起こします。

 

 

癒着が進行すると、卵管が変形したりふさがってしまったりするので
排卵後の卵子を取り込めなってしまいます。

 

 

いわゆるピックアップ障害というものです。

 

 

これらは不妊の大きな原因の一つです。

 

 

クラミジアへの感染そのものが不妊の原因になるわけではなく

感染後の後遺症が卵管閉塞などの不妊を招くのですね。

 

 

クラミジアの検査と治療は・・・

 

検査は2種類。

 

 

1つは、クラミジアに今現在感染しているかどうかを調べる抗原検査。
血液検査でわかります。

 

 

もう1つは、過去にクラミジアに感染したことがあるかどうかを調べる抗体検査。
子宮頸管を綿棒でこすって、その分泌物を調べます。

 

 

不妊治療でも検査項目の中に入っている病院が多いですね。

 

 

もし、現在感染しているとなると治療が必要です。

基本的には抗生物質を飲むことで簡単に治ってしまいます。

 

 

夫婦のうち、どちらかが陽性でどちらかが陰性であったとしても
2人で治療するのが基本です。

 

 

予防に関しては、セックスをするときにコンドームをつけるのが一番なのですが
妊活中であるとなかなか難しいですよね。
不妊治療をしているのなら検査済みかと思いますが
そうでなく妊活している場合には検査をしてみることをおススメします。

 

 

最近では、検査キットをネットで購入することもでき、匿名で検査できるので
キットを使うのも一つの手ですね。

 

 

 

 

タグ : 

いろいろな疑問

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る