妊娠しやすい タイミング

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

妊娠しやすいタイミングってあるの?

読了までの目安時間:約 5分

「妊娠」ということを考えた時に

 

 

タイミングというものが重要というのはよく言われることですよね。

 

 

 

では、タイミングというのはいったい何のタイミングのことなのでしょうか?

 

 

 

妊娠においてのタイミングとは

 

 

「排卵された卵子」と「射精された精子」が出会うことをいいます。

 

 

妊娠へのグッドタイミングは

 

卵子が排卵される頃にセックスすることになるんですね。

 

 

 

不妊治療の初期段階として

 

医師からセックスのタイミングを指示される「タイミング法」。

 

 

 

これは、多くの人が経験していると思います。

 

 

 

また、人工授精や体外受精ともなると

 

さらに正確に排卵日を割り出して治療を行います。

 

 

 

このことからも妊娠において、いかにタイミングが重要かということが

 

よくわかりますよね~。

 

 

最も妊娠しやすいタイミングは排卵2日前!?


卵子と精子が受精できる期間は限られています。

 

 

まず、精子の話。

 

 

女性の膣内に射精された精子は、まず子宮頸管から子宮に移ります。

 

そして、左右にある卵管に入っていきます。

 

 

 

最初は数千万、数億個もいた精子ですが

 

最終的に卵管膨大部まで到達できるのは、たった数百個。

 

 

その中で卵子と受精できるのは1個のみなんですね。

 

 

がんばって卵管膨大部まで行きついた精子が生きられるのは5日間くらい。

 

この5日間のうちに卵子に出会わなければ受精はしません。

 

 

 

次に卵子の話。

 

 

卵巣から排卵された卵子は、卵管を通り、卵管膨大部で精子と出会います。

 

卵子が受精できるのは、排卵後、約24時間。

ハートの木

 

この24時間以内に、精子と出会って受精しなければ妊娠しないのです。

 

 

精子が5日間くらい生きられるということを考えると

 

 

排卵の5日間前からセックスすること

 

 

がタイミング的にはいいですよね。

 

 

これまでの研究では

 

排卵日よりも前にセックスしたほうが妊娠する確率が高いということが明らかになっています。

 

 

最も妊娠する可能性が高い順にあげると・・・

 

 

①「排卵2日前」
②「排卵の前日」
③「排卵日」

 

 

となります。

 

 

 

狙うべきは排卵日ではなくて排卵日の前ということなんですね・・・

 

 

けっこう、これは誤解をしている人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

少しでも妊娠の可能性を高めるためには、こういったことも考慮しておくといいですよね。

 

 

 

タグ : 

いろいろな疑問

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る