タイミング法 体験記

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

タイミング法について思うこと

読了までの目安時間:約 5分

タイミング法は、不妊治療の第一段階とでも言っていいでしょうか。

排卵日を狙って性交を行うというものです。

 
不妊治療に通い始め多時点で私もまだ20代だったのと

不妊期間が1年くらいだったので

 
まずはタイミングで自然な妊娠を目指しましょうということになりました。

 
でも、これって自然なのかな~

 
なんて後々思うんですけどね。

 

 

私の場合には、排卵と思われる日の2日くらい前に病院に行き

まず超音波検査で卵胞の大きさをチェックしました。

 
そこで、卵胞の大きさが何ミリかということで
先生が排卵日を予測するのです。

 
さらに、また次の日には尿検査をしました。

 
ここではLHというホルモン値によって排卵の時間を予測します。

 
時間まで予測できるなんて
自分で排卵チェックするよりもかなり正確ですよね~。

 
そこで、先生から、できればこのあたりの時間帯にセックスをするように
という指示がありました。

 

 

ちょっと驚き、というか何というか・・・

 

自然なようで不自然なタイミング法


他人からこの日のこの時間にセックスしなさいっていわれるのってどうなんでしょう?

 
タイミング法って、自然な妊娠とかってよく言われますけれど

どこが自然なんでしょうね。

 

 

だって、もともと夫婦の性生活って
お互いがそういう気持ちになったりちょっとエッチな気分になったりして行われるものですよね。

 
「この日が排卵日だからお願いね」

 
って妻の側から言われたり、医師の指示があったりしてするものじゃないですよね。

 

 

そう思うと、とてつもなく不自然に思えてきてしまうのです。

 
という話はさておき
従順な私は言われたとおりにそのことを夫に伝え、医師の言うタイミングで無事に(?)セックスすることができました。

 

 

ただ、気持ち的になんだか割り切れない感じはありました。ラブラブ
夫はどう思っていたのかな・・・

 
こんな感じでタイミング法を2周期くらい行いました。

 
でも、妊娠には至らず
私たちの治療は次のステージ人工受精に移りました。

 
そして、とっても驚くことに、その合間になんと自然妊娠しちゃったんですよね。

(その後、悲しいことに化学流産となってしまうのですが・・・)

 
その時は卵胞チェックも、尿検査もしていなかったし
自分でも何日目・・なんて計算をまってくしていなかったんですよね。

 
全然タイミングをとっていなかったんですよ。
そんなときにでも妊娠できるものなんですね。

 

 

もちろん、タイミング法で妊娠できたという方はたくさんいらっしゃるのは事実です。

 

 

でも、妻の方にも夫の方にも心理的なプレッシャーがかかるこのタイミング法。

 
自然と言いながらも、なんだか不自然なタイミング法によって
かえって妊娠できにくくなってることもあるのかな~

 
なんて思います。

 

 

 

 

タグ :  

不妊治療記

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る