不妊治療 気持ち

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

不妊治療と気持ち

読了までの目安時間:約 5分
落ち込む外国人女性

不妊治療もだんだんと年数がたってくると
負のスパイラルに入ってくるというか、ちょっとしたことでも後ろ向きにとらえてしまうことがありませんか?

 
私の場合はそうでしたね。

 
でもね、私はもともとそんなに後ろ向きな人間ではないんです。
どちらかというと前向きで、目標に向かって頑張るっていうタイプ。

 
今まで自分のやりたいことは全力でぶつかって手にしてきました。
そんな私がぶつかった壁が不妊。

 
不妊クリニックに通ったり、自分なりにいいと思うことを試してみたり
とにかくいつものように努力をしていました。

 
でも、なかなか結果が出ないんです。
私、その時に思ったんですね。

 

 

どんなに頑張ったから、努力をしたからといって
それが結果に結びつかないことだって世の中にあるんだって。

 
思えば、私は昔から優等生タイプ。

 
だから、こんなに頑張ってるのに結果が伴わないということに対して
すごくストレスをためていたんじゃないかって思います。

 

 

すっかり後ろ向きになってしまいました。

 

 

そして、私の夫は超お気楽主義。

どんなことに対しても何とかなるさというタイプ。

 
2人ともが後ろ向きだと、ドーンと暗くなっちゃってニッチもサッチもいかなくなっただろうけど

 
どちらか一方が前向きで、もう片方が後ろ向きっていうのも
なかなかつらいものがありました。

 
私がとっても落ち込んでいるときに

なんでそんなことで悩んでるの?くらいなことを言う夫。

 
どこか他人事のような言動がすごく勘にさわったりしました。
そのことでケンカになったことも何度か。

 

それでもやっぱり前向きにいこう!

そんなあるとき、夫から言われたのが

 
「そんなに暗い顔をしている人間のところには赤ちゃんなんてきてくれないよ。」

 
ということば。

 

 

私が、努力をすれば必ず望みはかなう、と信じていたのと同じように

彼も、いつも明るく前向きでいれば必ずいいことがある、と信じていたんですね。

 

 

この言葉にガツンとやられました。

 

 

それからは、思うような結果がでないような時でも
そんなに思いつめてどうするの!って自分で自分を叱咤激励するようになりました。

 
1回目の顕微授精の後には

あんまり動くとよくないかな、なんて思って自分のやりたいことも我慢してました。

 

 

 

これがダメだったらどうしよう。

またチャレンジする気力あるかな、とかお金は大丈夫かな、もういい歳なのに・・・
本当にどうしたらいいの?なんてグチグチ思ってました。

 

 

 

でも、夫からの言葉を受けたあと

 
2回目の顕微授精の次の日には
大好きな宝塚歌劇を観に、夫と一緒に長距離ドライブしましたね~。

 
そこで、学生時代の友達にあって飲んで食べてお茶かい
夜が開けるまで話し込んで・・・

 
別に今回だめでもまた頑張ればいいや!

 
自分の好きなことや会いたい人にあって、楽しい時間を持つのって大事だわ~
なんてふっきれた自分がいました。

 

 

そしてこの何日か後には妊娠が判明!

 

 

ちょっとした気持ちの切り替えで物事って大きく変わるのかもしれない。

不妊治療も気持ちの持ち方ひとつで結果が変わることもあるんじゃないだろうか

 
そんなふうに思っています。

 

 

 

タグ : 

つぶやき

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る