不妊症 悩み

妊娠できた!〜不妊を克服した私が実践したことあれこれ

不妊で苦しむ人の気持ちってわかってもらえないの?

読了までの目安時間:約 4分
005

ちょっと悲しいというか、やっぱりなということがありました。

 

昨日、義理の父、母、うちの家族で食事をしたんですね。

 

その時に、私の夫が

「おふくろさんに、ちょっと言っておきたいことがあるんだけどさ・・・」

 

と言い出しました。

 

夫:「お義姉さんの前で、あそこの夫婦に子どもができた、とかあんまり言わないであげてほしいんだよね。」

 

義母:「え?なんで。お母さんそんなに言っていないけど。」

 

夫:「いやいや~、けっこうそういうことを言ってるよ。」

 

 

そう。私の夫の2番目の兄夫婦には子どもがいないんです。

けっして子どもが欲しくないということではなくて、結婚20年たってもできないんです。

 

治療もしていません。

 

私の妊娠がわかったとき、ふと義姉が

 

「私も治療したかったんだけどね・・・。」

 

と、寂しげに言ったんですね。

 

そのことばが気になって、夫に聞いてみたら、お義姉さんは不妊治療したかったんだけど

お兄さんが検査や治療を嫌がったということでした。

 

私たち夫婦は、治療をしていくということでお互いの気持ちが決まっていたけれど

お義姉さん夫婦はそうじゃなかったんだ、ということに少なからずショックをうけました。

 

夫婦どちらかが赤ちゃんが欲しくて検査や治療を望んでも、どちらかが反対すれば

治療そのものはできないんだ、ということがとても残念で悲しく感じました。

 

 

私たちに娘が誕生したとき

義母が、義姉に言った一言を思い出しました。

 

「Akiさんのところ赤ちゃん生まれたけど、ちゃんと喜んであげてね。」

 

何それ?

何でそういう無神経な言葉が出てくるの?

 

悩む女性

自分に赤ちゃんができなくて、周りがどんどん妊娠、出産していくことに対するうらやましさ、妬み、そしてそんな自分への自己嫌悪。

 

そうやって葛藤している心を踏みにじるような、無神経なことばにとても腹がたちました。

 

 

そんなことを思い出していると、また義母が夫に一言。

 

 

義母:「(赤ちゃんができないことって)そんなに気になるものかね。」

 

夫:「当たり前だろ。だからあんまり、あそこのうちに赤ちゃんがうまれたとかできたとか言わないでほしい。」

 

義母:「ふうん、そんなことが気になるのかね。」

 

 

あぁぁぁぁぁ!

ええ、ええ、気になりますとも。

どうせ、何も苦労なく赤ちゃんを授かった人にはわからないだろうね!!

 

赤ちゃんができなくて悩んでいる人の気持ち

やっぱりわかってもらえないんだ・・・

 

特に問題もなく妊娠・出産した女性にはわかってもらえないこと多くてつらくなります。

女性の敵は女性なんでしょうか、って思ってしまった出来事でした。

 

 

タグ :

つぶやき

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る